なかなかやめられない風俗

いつの間にかベテランになっていた

久しぶりのプレイでしたね。一年ぶりくらいでしょうか。彼女がまだ新人の頃に何度かお世話になったことがあったんですけど、それ以来、他の風俗嬢と楽しんでいました。でも久しぶりに彼女を指名してみたんですよね。一年ぶり…というシチュエーションそのものが自分にとっては初めてでした。さすがにもうこっちのことなんて覚えていないだろうなって思って彼女と向き合ったんですけど、彼女は覚えてくれていました。ただ、自分の方が記憶が曖昧になっていました。なぜならかつての彼女は新人デリヘル嬢としてとても初々しい雰囲気を持っていたんですけど、久しぶりに目の前に登場した彼女は初々しさなんてなくなっていて、むしろベテランのような迫力がありました(笑)しかも聞けば、お店でも上の方になっていたと。確かに風俗は女の子の新陳代謝が激しいので一年もいればベテランってことなんでしょうね。そんな時間を思い切り味わえたのは、ある意味貴重だったのかもしれません。